1. HOME
  2. ブログ
  3. アフターコロナ予測(ホワイトカラーver.)

アフターコロナ予測(ホワイトカラーver.)

WEB会議ツール

アフターコロナで何が起こるのかをまとめました。参考にして頂ければと思います。

正社員制度の崩壊

企業側が正社員を雇うメリットが薄くなり、契約社員、業務委託、業務自動化、外注化が進むと思われる。その分、正社員に求められる要件が多くなり、高いハードルとなる。売上が高く人不足になる企業は正社員を雇い続けると思いますが、アフターコロナによる要件変更は余儀なくされそうです。

背景

正社員の弱体化が起こっている割に、法律が厳しいままなので採用リスクの方が目立つようになると思われます。また年々起こっているフリーランス増加によって、企業側は社員でなくても高レベルな人物に安く発注できる仕組みが整ってきている事も理由に挙げられます。

企業のオートメーション化が進む

人間のタスクが機械に置き換わる「人」と「テクノロジー」の棲み分けが企業内で進むと思われます。一般的に人間の代わりをテクノロジーに任せることは現段階では不可能です。しかしテクノロジーに置き換わるタスクばかり処理している人がいれば、ちょっとだけテクノロジーよりの仕組みに変更することが出来れば不要となります。

背景

「テクノロジーの進化」「仕事への熱意の弱体化」によって、人間はしたくない仕事が増えてきていて、そこに進化したテクノロジーが代替えしていくという流れになっていると思っています。

好きな事だけを仕事にしたい、ワークライフバランスという風潮から、オートメーション化が進んでいると思います、若い優秀層を獲得する為、この機会に意味の分からない単純作業をテクノロジーに任せても良いのではないでしょうか。

ITリテラシーが重要になる

実際に会って仕事をする機会が以前よりも少なくなるので、WEB会議ツールによるミーティングやチャットによる意思疎通が発生します。また企業側は以前とは違う形で売上を構築するためにITツールの導入やAI化を推し進める様になると思います。

背景

緊急事態宣言後ソーシャルディスタンスは維持していく体制を取らざるを得ない状況になっています。今までに使ったことが無いツールを積極的に導入しないと経営できない状態になってきています。特にコロナ対策をしたまま紙でのやり取りはもってのほか!行政もIT化を進める中、紙での運用や常に会わないと業務ができない仕組みを変える必要があります。

高いレベルのコミュニケーションスキルが必要になる

聞く、理解、伝える。各レベルが高い人が有利になると思われます。会議がWEB化する中で、短時間で聞いたことを理解し発言していかないと存在感をアピールすることは出来なくなると思います。またランチで気軽に質問できた内容も相手の予定を抑える事が以前よりもシビアに行われるため、自分で調べて理解する力がない人は企業スピードに置いていかれる可能性は高くなると思います。

背景

コミュニケーションスキルは以前からビジネスでは必須スキルとして意識されてきていました。それが遠隔になるのでコミュニケーションで重要な視点が変わってきます。相手の表情、全体の動きの情報が薄い中で、相手のことを考えなくてはならないし、PCを操作しながらのコミュニケーションになります。PC操作も拡大をしてあげて見やすくしたり、今見えてますか?と確認をとったり前はしなくてよかった動作が入ってきます。

営業のあり方が変わる

飛込み営業が縮小され、電話営業も非効率なものとなってしまう。営業手法がメールマーケティングWEBマーケティングに移行がはじまり、商談力がなかったりITリテラシーの低い営業は淘汰されてくると思われる。更にチラシ系の効果も限定的になってくると思われます。今まで以上に自社のノウハウを集約し、WEB経由でコンテンツを担当者や決済者まで届ける仕組みづくりが大切になってくると思われます。

背景

担当者や決済者が会社にいることが少なくなり、電話をかけても担当者に繋がりにくくなってしまうでしょう。テレワークを導入する企業は日に日に多くなっています。

結果主義

アフターコロナによって見える化が進み、結果が分かりやすく出るようになります。本当の意味で結果が出せない人があぶり出されることになり、優秀ではない上司が消えていく可能性があります。企業側が気を付けないといけないのが、結果のみで判断してしまうと潤滑油的な働き方をしている人まで低評価にしてしまうことです。

背景

WEBツールにより普段、記録されなかった情報が記録されるようになっています。またツールを導入していくと見える化が進み、結果が明確に出るようになります。今後AI人事評価が導入されれる傾向もあるので、結果を意識してビジネスを進める動きが重要となってきそうです。

関連記事