20年Vision

ビジョン

20年後の未来をいま創る

20年後、約65%がいま存在しない仕事に就くと言われています。AIが起こす第4次産業革命により劇的に働き方が変わる中、我々が新しい働き方の常識を創造します。

当社が掲げる20年VISIONとは

AIによる第4次産業革命が起こる中、人間とAI・ロボットの役割が線引きされる世の中がそこまで来ています。我々は「今の子供が大人になる20年後の未来、人間とAIが協力して働ける世の中にする」為に20年VISIONを掲げ、まだ見ぬ未来へ向けて挑戦していきます。大きく3つに分けて事業展開を行っていきます。

  • 新しい仕事を創る
  • 人間とAIの融合
  • 未来トレーニング

新しいシゴトを創る

AI、RPAの進化により20年後には65%の仕事はAIに置き換わると言われています。紛れもないのはAIの知能が人間の知能に追いつく事実です。働く人間側が変化できなければ仕事を奪われ、変化出来れば今よりも幸せで豊かな人生を楽しむ事が出来るでしょう。我々はAI、RPAの導入を推進しつつ、働いている従業員に対して新たな価値を持つ仕事への転換提案を推し進めていきます。それにより新しい職種を創造し、人間とAIとがシナジーを生む時代の構築を目指します。

人間とAIの融合

人間が「水」であるならば、AI,RPAは「油」です。一見、AI、RPAの導入が企業に浸透していけば、人間の仕事は少なくなるように思えます。これはAI、RPAを導入して人間を解雇したり、求人を縮小したりする考え方です。しかしこの考え方はうまく行かないでしょう。人間の可能性は無限であり世の中が便利で楽しくなる為にはロボットだけでは不可能です。特に中小企業は色がなくなり、衰退していくと思われます。私たちは「水」+「油」=「ドレッシング」にする事に挑戦します。

未来トレーニング

AI化を進めていく際に重要になってくるのが人間の新たなスキル獲得です。単純作業に長時間労働、そんな事をする為に我々は生まれてきた訳ではありません。世の中が良くなるように考え、ワクワクしながら仕事をするのが第4次産業革命後の人間のあるべき姿だと思います。AI,RPAにより効率化した企業は人に対しても投資を行う必要があります。人の投資なくして競合が多い日本市場で成長し続けるのは難しいでしょう。当社でのトレーニングや提携会社のトレーニングを通してAIと一緒に働ける人材の育成を提案します。

人とAIとの連携