楽楽精算

経費精算システム

経費にかかわる全ての処理を一元管理できる経費精算システム

様々な機能で業務効率の向上や、人的ミスの防止を実現させることができます

楽楽精算_ロゴ

楽楽精算とは

楽楽精算とは、交通費、旅費、交際費など、経費にかかわる全ての処理を一元管理できる経費精算システムです。
申請→承認→経理作業の電子化や、自動仕訳・会計ソフト連携など、様々な機能で業務効率の向上や、人的ミスの防止を実現させることができます。
規定違反チェック、過去データの参照など、内部統制の強化や監査対策にもお役立ていただけます。
楽楽精算_精算の種類
楽楽精算_図

導入社数の推移

2017年に開始した本サービスも、現在では導入社数が累計4,000社を突破し、累計導入社数No.1を誇るサービスとなりました。
社内の運用変更を最小限に抑えスムーズに導入できる点や、暗号化通信、IPアドレスによるアクセス制限などセキュリティ機能が充実している点などが評価されています。
楽楽精算_導入社数の推移

経費精算システムの市場

最近、働き方改革に向けて業務の効率化に取り組む企業が増えています。
具体的な改善手法としては、「業務の効率化」「経営トップによる呼びかけ」「年休の計画的付与制度の導入」などが挙げられますが、
この「業務の効率化」を一手に担えるのが楽楽精算です。
楽楽生産_働き方改革

「会社の業務のうち、『面倒だ』と思うものは?」というビジネスパーソン1000人に対してのアンケートでは経費精算」が51.8%と半数以上となっています。
楽楽生産_ビジネスパーソンに聞きました

「経理担当者として、大変だと思うこと、苦労していることは?」という経理部門に対してのアンケートでは「ミスが許されない」が1/3以上を占め、トップとなっています。
楽楽生産_経理部門に聞きました

定型業務である経費精算業務のITによる自動化で簡単・正確にするのがこの「楽楽精算」なのです。

楽楽精算導入の目的

大きく分けて「業務効率化、コスト削減」「人的ミスの削減」「内部統制の強化」が挙げられます。

申請者にとってのメリット

申請者が抱える、「交通費の申請に時間がかかる」「外出・出張先から申請できない」「承認状況が把握できない」といった問題を解決します。
– 乗換案内システムと連携しています。ジョルダン社の乗換案内システムを利用し、自動で運賃が計算されます
– 「目的地」登録機能があり、過去の履歴から申請が可能です
– 申請状況の一覧確認ができます。承認状況や振込日などを、自分で確認できます
– オプションで交通系ICカード連携機能がございます。交通系ICカードから乗換情報を取得し、手入力が不要になります

承認者にとってのメリット

承認者が抱える、「申請内容のチェックが大変」「承認作業が滞ってしまう」「承認者が出張などで不在になることが多い」といった問題を解決します。
– チェック・承認作業が楽になります。「早」「安」「楽」などのアイコンで、適切な経路か一目でわかります
– 代理承認機能がございます。代理承認者を設定することが可能です
– 通知メール機能で、承認依頼メールや承認完了メールなど各種通知メールが送信されます

経理部門にとってのメリット

経理部門が抱える、「集計・仕訳作業が大変」「会計ソフトへの入力に時間がかかる」「振り込みデータ作成が大変」といった問題を解決します。
– 自動仕訳機能がございます。申請時に選択する項目に、仕訳情報を持たせることで、自動で仕訳が可能です
– 会計ソフトとの連携が可能です。ご利用の会計ソフトに合わせて、CSV形式で出力できます
– 名寄せ機能がございます。各担当者・各支払先毎に名寄せが可能です
– FBデータ出力機能がございます。全銀協フォーマットで、振込データが出力できます

コスト削減効果

経費精算に関わる全従業員の業務時間が短縮され、さらに経費精算業務が電子化によりペーパーレス化されることで業務コストと資源コストが削減されます。
楽楽生産_コスト削減