オリプラ人材通信

2022年 春に向けた採用活動のポイント

行動規制緩和による影響

国が決定しているワクチン・検査パッケージ利用による具体的緩和内容
・飲食では団体利用が可能
・イベントでは収容定員まで可能

上記によっての変化
・人材を確保したい企業が増加
・募集企業が増えたことによって、良い待遇や条件のしごとが人気に

Go To再開での変化

前回のGoToトラベル・イートで経済効果が得られたので、
2022年にGoToトラベルの再開が検討されています。(2021年12月中旬現在)

上記によっての変化
・Go Toキャンペーンの再開で経済活動が正常化へ。
・サービス業・飲食業を中心に人材獲得競争が起こる可能性が高い。

採用強化の企業が増加

3月は卒業・退職・転勤に伴って採用活動をする企業が増える時期です。
2021年3月は前月と比べて採用活動を行う企業が110%急増していました。

上記を踏まえて
・人材獲得が厳しくなる中で、教育の観点も踏まえて早めの動き出しが採用成功のポイント!

まとめ

行動規制緩和・GO TO再開により、多くの企業が求人活動の動きを強めることが予想されると共に、求職者側もよりよい条件で働ける企業に人気が出ると思われます。採用難を回避するためにも、企業側は時給をUPしたり、キャンペーンを実施するなどして条件を良くした上で、掲載プランを一つ上げたり、採用活動がピークとなる3月より前の2月中に一足早く求人募集を出すことで、より良い人材の採用に繋がる可能性が高いと考えられます。

※情報参照元 ディップ株式会社

関連記事

TOP