オリプラ人材通信

「発見数」×「選ばれる率」を高めるお仕事掲載のポイント

採用難易度の高まり、人材獲得競争の激化

有効求人倍率は2022年より上昇傾向にあります。
求職者の数に対する求職数の割合が有効求人倍率なので、この上昇は求職者側から見ると仕事の選択肢は増え、企業側から見ると採用の難易度が上がり、人材獲得競争率の高まりが著名となってきている事を意味しています。
それに伴い、掲載平均も時給1198円(2023年1月)と最低賃金の高まりを上回っています。

時給を引き上げたお仕事の応募効率・採用率の効果

求人に有効となる対策の一つとして、全国平均よりも高い給与にすることで応募効率を上げ、求職者が長期的に働くモチベーションの向上にも繋がります。

求人成功のポイント

応募数は発見数×選択される率が重要です。
発見数に繋がる大型集客施策を利用したり、選択される率を高めれる求職者目線でのアプローチを利用してよりよい人材の確保に繋げましょう。

勤務条件の緩和による応募効果差

世代に合わせた働きやすい環境、シフトの柔軟性等、求職者の思考を捉えた採用活動を行うことにより、新たな求職層の取り込みにも繋がります。

ターゲットの緩和による応募の先の変化

採用難易度の高い職種においても、ターゲットを緩和することで応募後の決定力が向上した事例が多数挙がってきています。

選ばれる率を上げるためにできること

求職者にわかりやすく好待遇の求人情報を表示する「ディップ・インセンティブ・プロジェクト」をはじめ、原稿に反映される特徴フラグを活用し、より様々な人が働きたいと思えるお仕事の掲載を一緒に考えてみませんか?

参考記事掲出元:ディップ株式会社

CEO西田による無料WEB相談会

関連記事

TOP